« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年第1戦大会風景

協賛メーカー様

Imgp0142

豪華賞品を沢山頂き本当にありがとうございます。

Imgp0105

このライブウェルで魚が生きているか判定を行います。

グッドフィッシュ

Imgp0108

Imgp0112

Imgp0110

Imgp0115

Imgp0121

Imgp0118























表彰式

Imgp0127_2





















レディース賞♪

Imgp0134

上位入賞者の選手達。おめでとうございます。

Imgp0140

また第2戦でお会い致しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年第1戦リザルト&入賞者コメント

2009年第1戦大会結果

「tsc-r1.pdf」をダウンロード





入賞者コメント


☆優勝☆保田選手

ロッド
1)メガバス Silver Shadow SSX-60MC
2)メガバス エヴォルジオン F-3・1/2 SUPER GRIFFON
3)メガバス エヴォルジオン F-3・1/2 SUPER GRIFFON

・リール・
1)シマノ カルカッタコンクエスト100 AR-B tune
2)シマノ アンタレスAR
3)シマノ アンタレスAR

・ライン・
1)東レ スーパーハードプレミアムプラス 12lb
2)メガバス DRAGON CALL 16lb
3)メガバス DRAGON CALL 16lb

・ルアー・
1)メガバス Live-X REVENGE
2)バスディ レンジミノー9cm
3)メガバス スピンドルワーム4in

・エリア&メソッド・
川崎周辺
とにかく運河内に多く魚は入ってきていたが、ただサイズは選べない状況だったの
で、その中でいかにいいサイズのいる場所を絞れるかがポイントでした。
キーとなっていたのは、北風を遮る向きであり、シャローがあり、温排水が流れてお
り、わずかでも高水温・・・そんな場所でやや深めのレンジ2m弱を通せるミノーを
中心に攻めていきました(イワシを食っていたため)。
ミノーに反応悪くなってきたらワームのジグヘッドでフォローしていきました。
グッドサイズが連発したのは、ほんのわずかなスペースで、やはり少しでも条件がい
いところにいい魚は陣取るって事だと思います。
なーんて、解ってるような口きいてますが、たまたま得意エリアに魚が入ってて好き
なルアー投げ倒したっつうだけのことですわ(笑)。

☆2位☆吉川選手

・ロッド・
1)ティムコJJトーナメント6,6
2)ティムコJJトーナメント6,9

・リール・
1)ステラ2500S
2)ステラC3000

・ライン・
1)ラパラ チタニュームブレード1.2号
2)アバニ シーバス マックスパワー 1.5号(20lb)

・ルアー・
1)OSP ルドラ 130SP シャンパンメタル
2)バスディ/レンジバイブ90ES R-16イワシ 

・エリア&メソッド・
南本牧周辺
最初は時期を考えてバイブを5から10カウント沈めてスローで引いてきて、ほぼ3
キャストに1ヒット位。
その内、かなり上でもヒットするので浅く引くようにしたらサイズアップしたがヒッ
ト率はかなり減少。
吉川氏は、上がサイズが良さそうなので、ミノーを引き出してさらにサイズアップ。
会沢は、いっぱい釣れればと、さらにレンジを下げてブレードで自滅。
その後サイズアップしないので、プラで良かった、扇島のシャローの8メートルでバ
イブの底べったりを始めて釣れたがサイズは上がらず。
9センチミノーを使うとサイズは少し上がったが、さらにとルドラを引いて最大サイ
ズキャッチ。
 下に逃げた会沢はヒットせず。

☆3位☆沢村選手

・ロッド・
1)Megabass / XOR Expedir   EFX-610M  
2)ベイト7.2ft  (オリジナルロッド) 
3)スピニング 7.5ft (オリジナルロッド) 

・リール・
1)シマノ/アンタレスDC7   レフト
2)シマノ/アンタレスAR  ライト
3)ダイワ/セルテート2500R-CUSTOM

・ライン・
1)SUNLINE キャストアウェイPE20LB  SUNLINEナイロンリーダー25LB
2)SUNLINE 湾岸シーバスコンセプトW.S.C. 14LB
3)SUNLINE キャストアウェイPE16LB SUNLINEナイロンリーダー20LB

・ルアー・
1)TIEMCO オーシャンドミネーター 60g     #07 クロムマイワシ
2)Bait Breath 湾ベイト 29g   海老取SP 
3)Bait Breath 湾バイブANSWER  海老取SP 

・エリア&メソッド・
沖バースの橋脚狙い。
巨大タンカー離岸時に起こる水の撹拌で強制的にスイッチの入ったシーバスを効率良
くジグで釣りました。
たいてい30分くらいしかこのスイッチ入った状況は持たないので少しでも広範囲を
探るように斜め引きを意識して良型を拾っていきフォローでバイブレーション等の横
の釣りでチェックし数を伸ばしていく展開でした。

☆4位☆竹内選手

・ロッド・
1)自作ロッド(6.3ft、MHクラス相当)

・リール・
1)シマノ ミレニアムステラ4000SS

・ラインメーカー・
1)バークレー ファイアーライン18LB (リーダー:ナイロン30LB)

・ルアーメーカー・
1)エアマーク エアディープ80S(カマスサワラ)

・エリア&メソッド・
大会前の事前情報で、沖バースで相当釣れているとのことだったのですが、魚探のな
い私としては沖バースそのものはハンデになってしまうポイントなので、「沖からの
魚が入りやすいストラクチャー」というテーマでエリアを絞りました。
前日プラの結果、大黒埠頭周辺の反応が良かったので、スタート直後もここに入り
ました。
パターンは岸壁キワキワのミノーイング。
スタートから30分後、50cmクラス3匹であっさりリミットメイクできました。
単調なパターンながらも、タンカーとの隙間、タンカーバンパー、はしご、岩壁のえ
ぐれ等、1つ1つの変化を丁寧にアプローチしていくと、確実に反応が得られました。
大黒エリアを一通り攻めたあと、隣の本牧エリアに移動して同様のパターンを続けま
した。
サイズはほとんど50cm台。
60cmを超える魚はなかなか出なかったのですが、+-1cmの入れ替えを幾度となく
繰り返していくうちに、何とかキーパー全てを60cm台までかさ上げすることができま
した。
トータルキャッチ数は30匹程度でした。
検量の結果、合計188cmで4位入賞することができました。
180cmを切ると10位以下という混戦でしたが、大きなミスや取りこぼしが無かったこ
と、わずかな差ながらも地道に入れ替えを続けたことが入賞につながったと思いま
す。
年間入賞を目指して、次戦以降も頑張っていきたいです。

☆5位☆古瀬選手

・ロッド・
1)パームス ベイマティック BMGC-59ML
2)パームス ベイマティック BMGC-66ML
3)パームス ベイマティック BMGS-73M

・リール・
1)シマノ コンクエストDC 100
2)同上 200
3)シマノ ツインパワー3000C

・ライン・
1)バークレイ バニッシュ 16lb
2)バークレイ トライリーンXT 8lb
3)バリバス VEPショックリーダー 20lb

・ルアー・
1)バスディ レンジバイブ90
2)ima ガン吉30g、40g
3)OSP ルドラ130sp
(全てナチュラルカラー)

・エリア&メソッド・
前日のプラでバイブレーションを(15mライン)デットスローに引くと70UP連
発したポイントからスタートしましたが、 前日とは少し風当たりが違く釣れるサイ
ズが最大で60cm迄で苦戦。
それでもそのポイントでは細かくジグでボトムなど探り着いて10分程でリミット達
成!後はサイズUPを求め八景(エリア内)に移動しブイや壁などでルドラ130で
トゥイッチこま目に入れ60cm、
76cmを追加出来ました!
前日南本牧は70UP7本キャッチ出来たのですが当日は思うように出ませんでし
た。大会当日は合計60本以上はキャッチ出来ましたがサイズ小さくキーパー無いサ
イズ~55cm位迄でした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »